新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「コロナの根源つぶす」標的は夜の街、風営法で可能?

(2020年7月21日東京新聞に掲載)

 菅義偉官房長官は19日のフジテレビ番組で、ホストクラブやキャバクラなどに対し「風営法で立ち入りできる。思い切ってやっていく必要がある」と述べた。そもそも風営法上、コロナ対策実施の有無を取り締まる権限はなく、警察による威圧で休業させようという狙いがありあり。さらに菅氏は、休業要請違反に罰則を付ける新型コロナ特別措置法改正も「必要だ」と言及した。強まるコロナ統制の行方は。 (片山夏子、安藤恭子)

官房長官「警察で一つ一つ」

 「警察が足を踏み入れ、根源を一つ一つつぶしていく」。菅官房長官は19日のテレビ番組で、こう語った。対象としてホストクラブやキャバクラを挙げ「どこに新型コロナの根源みたいなものがあるか分かってきた」とも話した。

 菅氏の念頭にあっただろう東京・新宿の歌舞伎町。「職業イケメン」「世界一ピュアな色恋」。スーツでポーズを決めたホストやドレスを来た美女たちの看板が並ぶ中、20日夕から、新宿区とホストクラブ、歌舞伎町商店街振興組合や日本水商売協会などが協力し、感染防止対策のチェックシートを持ち、ホストクラブやガールズバー、キャバクラなど約300店を回った。

歌舞伎町ホスト「やりすぎ、営業停止狙いでは」

 区の感染対策キャンペーンに参加した歌舞伎町でホスト歴21年の男性(42)は「普段からホストクラブへの世間の当たりが強い分、感染対策は過剰なほどやっている」と言う。同16年の男性(47)は、歌舞伎町のホストクラブだけが感染源のように強調する報道があるたびに悲しくなるという。「風営法で立ち入りってやりすぎじゃないかと思う。何かあればすぐ営業停止にするんじゃないか」

 ホストクラブを経営する男性(47)は「風営法を守っている店は従業員をみな検査に行かせているし、徹底的に感染症対策をしている。問題はホストやキャバ嬢がアフターで行く、許可を取らず午前1時以降も夜通し営業している『バー』。ここは無秩序状態。そこに立ち入るなら意味があると思う」と述べる。ただ警察による立ち入りや法改正への動きは別の意味で怖さを感じている。「言うことを聞かなかったり逆らうやつは取り締まったり罰するという、物が言えなくなる方向に進んでいる気がする」

繁華街に並ぶホストクラブの看板=20日、東京都新宿区で

繁華街に並ぶホストクラブの看板=20日、東京都新宿区で

コロナに便乗し目の敵に

この続きをみるには

この続き: 2,183文字 / 画像1枚

「コロナの根源つぶす」標的は夜の街、風営法で可能?

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
1
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。