見出し画像

官と民が呼応した「官製ヘイト」、安倍政権と共鳴し拡大

(2020年9月2日 東京新聞に掲載)

 多数の朝鮮人が虐殺された関東大震災から1日で97年がたった。虐殺の事実すらなかったことにしようとする暴言がはびこる世相は、ヘイトスピーチなどの在日コリアン差別の拡大と重なりあう。退陣を表明した安倍晋三政権では、朝鮮学校の無償化除外や元徴用工問題など、偏見を増幅するような政府の行為に批判が相次いだ。「官製ヘイト」と政治の責任が問われている。(中山岳、佐藤直子)

何を言ってもいいという差別的な空気

 「首相は辞任表明会見で日韓関係にひと言も触れず、何ら内容がなかった。確かなのは安倍政権下で、朝鮮半島にルーツのある人々には何を言ってもいいという差別的な空気がまん延したことだ」

日本で暮らす外国人への憎悪をあらわにした標語を掲げるヘイトスピーチデモ=2014年、東京都新宿区で

日本で暮らす外国人への憎悪をあらわにした標語を掲げるヘイトスピーチデモ=2014年、東京都新宿区で

この続きをみるには

この続き: 2,733文字 / 画像1枚

官と民が呼応した「官製ヘイト」、安倍政権と共鳴し拡大

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
5
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

安倍政権の7年8カ月
安倍政権の7年8カ月
  • 33本

安倍政権の7年8カ月を「こちら特報部」の記事で振り返ります。(過去記事も随時、追加していきます)