新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

相次ぐ外国語検定試験の中止、収入減り実施団体運営に影響

(2020年9月17日 東京新聞に掲載)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外国語検定試験の運営団体が苦境に陥っている。会場を借りられないといった事情で試験ができず、収入の大半を占める検定料が入らなくなっているためだ。関係者からは、検定試験だけでなく、外国語教育への影響を懸念する声が上がっている。(大野孝志)

会場の大学はオンライン授業に

 「仏検の実施はおろか、実施団体である当協会の存続すら危ぶまれます」。1981年以降、累計90万人弱が受験した実用フランス語技能検定(仏検)を実施しているフランス語教育振興協会のホームページ(HP)に6月、「【緊急】『仏検』存続のためのご寄付のお願い」というタイトルの文章が掲載された。

 今年はコロナの影響で会場が確保できず、6月の春季試験を中止せざるを得なかった。例年、会場になることが多い大学が、オンライン授業になって閉ざされたのが大きかった。

 来年で40年になる仏検の歴史で、中止は初めて。協会の事業収入の9割を検定料が占め、春の中止だけで6000万円を失った。検定用の教材を発行する出版社や大学などから約850件、1600万円以上の寄付が集まったものの、安定した運営には足りないという。

この続きをみるには

この続き: 898文字 / 画像1枚

相次ぐ外国語検定試験の中止、収入減り実施団体運営に影響

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
1
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
  • 49本

新型コロナウイルスに関連する問題を「こちら特報部」が多角的に掘り下げます。