見出し画像

【無料記事】首相公邸には幽霊が出る!?安倍前首相、菅首相が入居を敬遠する理由は

 新聞の片隅の「首相の1日」コーナーを見ていると、菅首相の1日は「東京・赤坂の衆院議員宿舎」で終わることが多いようです。菅首相は先月、内閣記者会のインタビューで、首相官邸に隣接する公邸への入居について聞かれ「入るか入らないか検討している。公邸はそれぞれの首相の使い方がある」と述べるにとどめました。
 安倍晋三前首相も在任中は東京・渋谷の私邸から通勤することが多く、野田佳彦元首相は北朝鮮のミサイル発射が相次いでいた2017年、危機管理の観点から「(官邸まで)歩いてゼロ分の公邸に住むのが鉄則だ」と批判しました。野田氏は首相当時、公邸に住んでいました。
 東京新聞のデータベースをひもといてみると、首相公邸に幽霊が出るという噂を取り上げた記事を見つけました。この怪談には近現代の日本政治史が深く関わっているようです。
 特報webの記事は通常、1本100円で販売していますが、特別に無料で全文を公開します。(肩書は当時)
※無料公開記事への思いはこちら

(2013年6月2日東京新聞に掲載)

 首相公邸に幽霊が出るらしい。政府は、そんな噂(うわさ)を「承知していない」とする答弁書を閣議決定したが、政界で知らない人はいない怪談話だという。現れては消える「都市伝説」の歴史をひもとくと、政治権力の中枢をめぐる心理が浮かび上がってくる。(中山洋子、小倉貞俊)

菅長官、幽霊の気配を否定せず

 「総理大臣公邸には2.26事件などの幽霊が出るとの噂があるが、それは事実か。安倍晋三首相が公邸に引っ越さないのはそのためか」

 こんな質問主意書を提出したのは民主党の加賀谷健参院議員。これに対し5月24日に閣議決定した政府見解が「承知していない」だった。菅義偉官房長官は記者会見で「(幽霊の)気配を感じるか」との質問に、「言われればそうかなと思う」と否定しなかった。

 政界ではたびたび「公邸の幽霊」が話題になってきた。政治評論家の小林吉弥氏は「佐藤栄作首相のころから永田町を取材しているが、そのころからすでに噂はあった」と振り返る。

現在の首相公邸(左)と首相官邸=東京・永田町で、本社ヘリ「あさづる」から

現在の首相公邸(左)と首相官邸=2013年6月、東京・永田町で(本社ヘリ「あさづる」から)

 現在、首相公邸となっている建物は、1929(昭和4)年の建築。2002年までは、首相官邸として使われていた。もともとの公邸は、旧官邸と扉一つでつながっていた。現在の官邸を新築する際、もとの公邸は取り壊され、その代わりに旧官邸を50メートル移動させて公邸に改装した。

2.26事件後、旧公邸は32年間“空き家”に

 旧官邸と旧公邸には、血塗られた歴史がある。

 1932年の5.15事件では、武装した青年将校らが官邸に侵入、警察官1人を殺害した後、犬養毅首相を暗殺した。36年に旧陸軍の青年将校らがクーデターを起こそうとした2.26事件では、反乱部隊が乱入し、当時の岡田啓介首相は、お手伝い部屋に隠れて難を逃れたが、間違えられた岡田氏の義弟が射殺された。官邸警備の警察官4人も殺害され、公邸も荒らされた。玄関には、弾痕とされる傷痕があった。

2・26事件で集まった鎮圧部隊戦車

2・26事件で集まった鎮圧部隊戦車

 以来、「2.26事件の幽霊が出る」「夜中に軍靴の音が聞こえる」などの噂はずっと絶えなかったという。実際、2.26事件の後、歴代首相は公邸を敬遠。68年に改修して移り住んだ佐藤栄作首相まで32年間も“空き家”が続いた。

旧首相官邸(上)とつながっていた旧公邸(矢印)=1987年撮影

旧首相官邸(上)とつながっていた旧公邸(矢印)=1987年撮影

 当時、日米安保に反対するデモが私邸周辺に及び、近所から苦情が出たからといわれる。その佐藤政権は最長記録を残したことから、妻の寛子さんは「(佐藤氏が公邸の)縁起直しをしたと思う」と語っていたようだ。

「庭に軍服を着た人たちが…」

 それでも不人気は相変わらずで、2002年までの旧公邸時代には佐藤氏以降の18人の首相のうち、田中角栄首相ら6人が公邸に入らなかった。

 「公邸の幽霊」がメディアの注目を集めたのは羽田孜元首相のころだ。妻の綏子(やすこ)さんがおはらいをしてもらうと、「庭に軍服を着た人たちがたくさんいる」と言われたという。

 著作「首相公邸-ハタキたたいて64日」によると、近くの宮司に公邸を清めてもらい、あちこちに盛り塩も施したとか。「公邸にただならぬ『何か』を感じたのは私だけではなかったらしく、細川(護熙)首相の佳代子夫人は(略)寝室を一室お使いになっただけで、残りの部屋にはお香をたかれていたようです」とも。

森元首相は深夜、幽霊に起こされた?

 森喜朗元首相は「幽霊に出会った」という話をしていた。しばしばメディアでも取り上げられたのはこんな話だ。

 退陣直前の深夜、寝室で寝ていた森氏はガチャガチャとドアノブの音がして目覚めたが「誰だ」と怒鳴ると音が消え、廊下を走り去る音がした。ドアを開けたが誰もおらず、警護官らも「誰も来ていない」と証言した。森氏は、小泉純一郎元首相に「幽霊が出るぞ」と忠告したらしい。

 その小泉元首相は首相退任前に「幽霊に出会ったことはないね。一度会いたいと思ったんだけど」と語っていた。

 一方、村山富市元首相は「入居してから『軍靴が聞こえる』などと噂を聞いたが、興味も関心もなく、詮索したことはない」。就任当初、記者団に「幽霊が出るらしいが」と問われたときには「大丈夫。幽霊は人によって出るから」とうそぶいていた。

新公邸完成後は野田元首相まで入居

 細川元首相以降は歴代首相が公邸を利用。05年に新公邸が移転・完成してから、入居しなかった首相はいない。

画像4

現在の公邸の外観(首相官邸ホームページから)

 安倍首相は現在、車で15分ほどの渋谷区内の私邸から通っているが、緊急時の対応が遅れる恐れがある。東日本大震災や原発事故を経験し、官邸の危機管理能力の向上が強く求められている。沿道などの警備の人数や費用もかかる。冒頭の質問主意書を提出した加賀谷議員は「巨額を投じて改修した公邸をなぜ使わないのか、危機管理や警備上、問題はないのかをただしたものだ」と強調する。

 安倍首相も第1次内閣時代には公邸を使用したが、今回、就任後5カ月たっても入らないことは、さまざまな臆測を呼んでいるのだ。

 その安倍首相は1日に放送されたテレビ番組のインタビューで「森元首相がお化けの一部を見たという話を聞いた。足がないのではなく、足の部分だけを見たと」と明かしたが、噂については「都市伝説だ」と指摘。公邸に引っ越さないこととの関係は「まったくない」と強調した。

旧官邸の階段を上った正面のついたては、2・26事件で破られ、踊り場には終戦時の放火事件の跡があった

旧官邸の階段を上った正面のついたては、2・26事件で破られ、踊り場には終戦時の放火事件の跡があった

 「うわさの謎」の著書がある川上善郎成城大教授(社会心理学)は「権力の中枢にある政治家には誰かの恨みを買っている自覚がある。建物自体の歴史も相まって、無意識な不安や恐れが、幽霊の噂を生みやすい」と説明しながら続ける。「庶民からみると政界は“伏魔殿”。どんなお化けが出てもおかしくない。幽霊の噂もなくなることはないでしょう」

ホワイトハウスにもリンカーンの霊?

 政治と幽霊との関わりで最も有名なのが、米・ホワイトハウスだ。1800年完成。歴代の大統領一家や職員らが幽霊を見たり、不気味な音を聞いたり、勝手にドアが閉まるなどの怪奇現象を体験しているという。

 中でも目撃談が多いのが、志半ばで暗殺されたリンカーン大統領の幽霊だ。ルーズベルトやトルーマン、アイゼンハワーら歴代大統領らが見たという。オバマ大統領のミシェル夫人も「深夜、夫とともに奇妙な音を聞いて目が覚めたり、足をかまれるように感じることがあった」と語っている。 

 米国事情に詳しい明治大の越智道雄名誉教授は「古くて大きな建物なのできしむような異音がしたり、昼間の喧噪(けんそう)とのギャップで夜は不気味な雰囲気がある」と指摘。「政治権力の中枢なので政敵や国民からの批判が集中する。その不安が形を変えて幽霊や心霊現象として現れたのでは」とみる。

 リンカーンの幽霊が多いことは「大統領の多くは厳しい決断を迫られる局面で、米国最大の危機を切り抜けたリンカーンを思い浮かべるという。その心理も関係してそうだ」と分析する。

 デスクメモ
 旧官邸は、階段や廊下が入り組んだ複雑な造りだった。中2階や階段下の小部屋などもあり、さながら迷路のよう。確かにあんな場所で夜を過ごすのは気持ちのよいものではない。歴史認識はどうあれ、この際、先達の幽霊たちと会話をして、「反省」や「悔悟」の弁を聞いてみるのも一興かも。(国)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
7
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

安倍政権の7年8カ月
安倍政権の7年8カ月
  • 33本

安倍政権の7年8カ月を「こちら特報部」の記事で振り返ります。(過去記事も随時、追加していきます)