新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

首都圏ダイヤ改正 終電30分繰り上げに怒り、困惑…利用者らの声

(2020年9月30日東京新聞に掲載)

 JR東日本が今月、来春のダイヤ改正で首都圏近郊の終電を30分程度繰り上げる方針を示した。終夜運転の実現を求める声すらあったのに、逆に振れた格好だ。確かに働き方改革や新型コロナ禍で、深夜の電車に乗る人は以前より減っている。とはいえ、影響を受ける人は多いはず。唐突にも思えるJRの発表をどう感じているのだろうか。(榊原崇仁、古川雅和)

深夜帯利用者激減 0時台は去年の3分の1

 「コロナ禍の収束後も鉄道の利用水準は元に戻らないと考えている。利用者にも理解してもらいたい」。JR東日本の深沢祐二社長は3日の会見で終電の繰り上げ方針を示して訴えた。

首都圏の路線の終電時刻繰り上げについて説明するJR東日本の深沢祐二社長=3日午後、東京都渋谷区の同社本社で

首都圏の路線の終電時刻繰り上げについて説明するJR東日本の深沢祐二社長=3日午後、東京都渋谷区の同社本社で

 繰り上げの対象は、東京駅から100キロ圏にある山手線、中央線、京浜東北線など各路線。地図で見ると、東京への通勤で使う路線はほぼすべてが該当しそうだ。

画像2

 終着駅に到着する時間を現在より30分程度早め、午前1時ごろになるようにする。週末の金曜日などには、必要に応じて終電前の臨時列車を増やす。一部路線は始発の時間を繰り下げる。来年春のダイヤ改正で実施し、具体的な内容は10月中に公表する。

 なぜ、終電を繰り上げるのか。理由の1つがコロナ禍だ。テレワークが増え、深夜の時間帯を中心に利用者が大きく減っている。JR東日本によると、8月の平日に山手線を利用した人は前年同月より38%減少した。中でも午前零時台は66%減と目立った。

保守点検作業には利点 私鉄各社も追随へ

 さらに、働き方改革による保守点検作業と労働者不足も問題になっているという。線路の保守や駅のホームの改良などを行っているのは、主に終電後の深夜帯。終電と始発の間の時間を延ばし、大型機械を使った作業で効率化を進める。そうすることで、若者が避けたがる作業員の確保にもつなげていこうというのだ。

終電後に線路を補修するJR東海の作業員ら。JR東日本は保守点検作業も終電繰り上げの理由としている=愛知県一宮市で

終電後に線路を補修するJR東海の作業員ら。JR東日本は保守点検作業も終電繰り上げの理由としている=愛知県一宮市で

 JR東日本の広報担当者は「自治体、私鉄と調整しながら、ダイヤを検討していきたい」と語る。今のところ、接続する他社から不満や疑問の声は出ていない。逆に、京浜急行電鉄と西武鉄道でも終電繰り上げを検討している。

 とはいえ戸惑う人は多い。サラリーマンが行き交う東京・新橋で話を聞くと不満の声ばかりだった。

水産市場関係者の終電出勤はどうなる?

 板橋区の自宅から通勤する不動産会社の社員、伊藤清亮さん(23)は「終電の時間帯まで仕事することは結構ある。午前零時すぎまで。終電が早くなったら、その分だけ残業時間は短くなる。だけど、短くなった時間の中で仕事を終えないと次の日に持ち越し、仕事がたまる。そうなったら焦る」と不安を口にする。

 別の会社員男性(30)はこう語る。「困るのは飲み会の日。僕自身の終電というより、一緒に行く女の子たちのことで。彼女たちが『終電が早くなったから、私たちは早く帰らなきゃいけない』と言い出しそうで」

 水産関連の製造会社に勤める男性(58)は業界特有の事情を語った。早朝から働くため、終電で出勤する人がいるのだ。男性は「市場にはそんな人が多い。終電が早くなれば、その分、出勤時間が早まる。皆さんの食生活を支える人たちなのに、負担を増やしていいのかね」と心配する。

 終電後の交通機関といえばタクシー。ビジネスチャンスを期待しているのかと思いきや、運転手の男性(75)は否定的だった。「お客さんをどんどん乗せる様子が思い描けない。今は午後9時以降、本当に人の姿が消えるから。運転手も次々に辞めちゃっているし」

飲食店は悲鳴 コロナ減収に追い打ち

 電車の利用者ばかりではない。新橋駅周辺の飲食店からは不安の声ばかりが聞こえてきた。

この続きをみるには

この続き: 1,688文字 / 画像1枚

首都圏ダイヤ改正 終電30分繰り上げに怒り、困惑…利用者らの声

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
1
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
  • 49本

新型コロナウイルスに関連する問題を「こちら特報部」が多角的に掘り下げます。