見出し画像

年収や勤務先まで!? ゆうちょ銀行の全口座対象"やりすぎ"個人情報調査に批判の声

(2020年7月26日東京新聞に掲載)

 ゆうちょ銀行が顧客の勤務先の名前と所在地、年収まで書かせる「お取引目的等の確認のお願い」という調査用紙を、口座名義人に郵送している。口座が犯罪で得た資金のマネーロンダリング(資金洗浄)やテロの活動資金に関係がないことを確認するためというが、回答しなければ「取引を制限することもある」と穏やかでない。突然送り付けられ驚いたので、ゆうちょ銀に尋ねてみた。 (大野孝志)

問い合わせ電話はひっきりなし

 「朝から晩までひっきりなしに、問い合わせの電話をちょうだいしている。答えたくない所は書かずに返送して構いません」

 調査用紙に同封の文書にある「お問い合わせ先」のフリーダイヤルに電話すると、応対した女性が嘆いた。でも、回答しなければ口座を止められるのでは?と問うと、「口座に不審な動きがあって、犯罪の関与や休眠口座の悪用が疑われる場合は止めることがある」と言う。

この続きをみるには

この続き: 1,135文字

年収や勤務先まで!? ゆうちょ銀行の全口座対象"やりすぎ"個人情報調査に批判の声

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
2
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。