見出し画像

コロナ第3波が来ているのか? GoToが拍車 大都市圏で感染拡大

(2020年11月7日 東京新聞に掲載)

 国内の新型コロナウイルス感染者が5日、8月21日以来、1日あたり1000人を超えた。北海道、宮城では過去最多を更新し、愛知は直近1週間の感染者数が前週の約1.5倍に。東京では感染者が269人で10月15日以来の250人超となった。季節は冬に向かい、感染症にかかりやすくなる季節。すでに欧米では再度のロックダウンも始まっているが、日本の現状は「第3波到来」ではないのか。(石井紀代美、中山岳)

「現場感覚では陽性患者増えている」

 「現場感覚だと、明らかに新型コロナの陽性患者が増えてきた」。「目黒の大鳥神社前クリニック」(東京都目黒区)の北村直人院長はこう語る。

 同クリニックでのPCR検査の陽性率は10月下旬ごろから徐々に上昇し、11月に入って急増。ここ3日間で52人検査したうち、9人に陽性反応が出た。

 自覚症状のない人が感染を拡大させる懸念もあるが、北村院長が最近気にするのは「検査拒否」という新たな問題という。発熱は無く、倦怠(けんたい)感や味覚異常のみを訴える人も感染している可能性がある。そういう人にはPCR検査を勧めているが、「もし、陽性になったら会社に出勤できなくなる」「会食の予定を入れているのでコロナになっていたらキャンセルしないといけない」などと拒まれることが少なくない。

 北村院長は「保険適用で検査できることや、感染を拡大させる可能性を説明しても聞いてくれない。新たな社会問題では」と話す。

医療用マスク、手袋が入手困難に

 発熱外来に力を入れるクリニック「インターパーク倉持呼吸器内科」(宇都宮市)の倉持仁院長は「県内は今のところ落ち着いている。ただ、全国の陽性患者数の上がり方を見ていると、間違いなく大きな波がくる」と警戒する。どういうわけか、ここ2、3週間で医療用の隙間ができにくい「N95」と呼ばれるマスクや手袋が4、5倍に値上がりし、入手しづらくなっていると明かす。「医療従事者の防護に必要で、医療体制の安定に欠かせない。今のうちに、国が対策を打つべきだ」と警鐘を鳴らす。

画像1

 全国では、5月末までの第1波、7~8月の第2波に続き、第3波ともみえる感染拡大が始まっている。愛知県では、直近1週間の感染者数が若者を中心に増え、前週の約1.5倍に。大村秀章知事は今月2日の会見で、「事実上の『第3波』が来た」と訴えた。

 北海道は11月5日、1日あたりの新規感染者数で過去最高の119人を記録。道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室の夕下司さんは「10月初旬前後は30~50人程度。北海道の冬は寒すぎて換気しづらい。マスク着用や会合を避けるなど他の対策に力を入れたい」と話した。

北海道、愛知、仙台、大阪…大都市で増加

 宮城県では、仙台市の専門学校で100人規模のクラスターが発生し、10月下旬に45人の陽性が判明。こちらも過去最多の数字となった。県疾病・感染症対策室の浅川大典さんは「インフルエンザ流行で発熱者が増えると、コロナと見分けにくくなる。検査、入院態勢をしっかり整える必要がある」と気を引き締める。

 大阪府でも10月下旬から100人超の感染者が出ている。吉村洋文知事は今月6日の会見で「第3波と判断するにはもう少し状況を見る必要がある」とした。

 政府はどう見ているのか。厚生労働省結核感染症課の加藤拓馬課長補佐は「直近の専門家の判断では『微増傾向』だが、新規感染者が8月下旬以来、1000人を超えた。警戒を強めている」と話す。ちなみに、「第○波」という表現に定義はなく、今後も公的な場で使うことはないという。

米国は1日新規感染10万人越え、欧州は都市封鎖

 世界的にもコロナ禍は感染拡大に転じている。米国では今月4日、1日当たりの新規感染者が初めて10万人を超えた。累計感染者数は960万人超、死者23万人超でいずれも世界最多になっている。

 欧州でも今春を上回る規模で感染者が増加。フランスは先月30日~12月1日まで、通勤や通学などを除く不要不急の外出を制限する都市封鎖(ロックダウン)に踏み切った。ドイツは今月2日~今月末まで飲食店、スポーツ施設、映画館などを閉鎖。英国は5日からロンドンがあるイングランド全域で、イタリアは6日から一部の州でロックダウンを始めた。

 長崎大感染症共同研究拠点の安田二朗教授(ウイルス学)は「欧州は春に続いて第2波に入ったと言える。日本の状況が第3波かどうかはまだ分からないが、注意が必要だ」と語る。

「人の往来促す政策。感先増加は必然」

 もともと秋から冬は、インフルエンザなどの感染症が流行しやすい。気温が下がり免疫力が落ちる人も増え、寒さを防ごうと換気が悪い室内で過ごしがちになると感染リスクも高まる。

この続きをみるには

この続き: 1,232文字 / 画像1枚

コロナ第3波が来ているのか? GoToが拍車 大都市圏で感染拡大

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
8
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
  • 64本

新型コロナウイルスに関連する問題を「こちら特報部」が多角的に掘り下げます。