見出し画像

また出た大臣の問題発言 安倍政権が能力不足の閣僚を登用する理由

(7月9日東京新聞朝刊に掲載)

 東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域の避難指示を解除する要件に関し、田中和徳復興相が記者会見でとんちんかんな発言をして理解不足を疑われている。田中氏ら入閣待機組や、安倍晋三首相に近い人物が多く登用された第4次改造内閣の閣僚を巡っては、トラブルが続出。「在庫一掃」ともいわれた安易な組閣のツケが回ったのか。(中沢佳子)

かみ合わない答え 昨年も物議を醸す

 問題の発言は、3日の閣議後会見で出た。帰還困難区域のうち、居住再開に向けて除染などを進める「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」以外の地域で避難指示を解除する要件について、記者が「政府としての考えは」と質問。田中氏は「考えが変わることは基本的にない」と返した。

 政府は一日、復興拠点外でも放射線量が基準を下回れば除染なしで解除する考え方を示し、原子力規制委員会に意見を求めたばかり。記者が再び認識を尋ねても、田中氏は「地域によっていろんな事情がある」「状況を注視している」とかみ合わない答えを述べた。

この続きをみるには

この続き: 1,045文字 / 画像1枚

また出た大臣の問題発言 安倍政権が能力不足の閣僚を登用する理由

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
2
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

安倍政権の7年8カ月
安倍政権の7年8カ月
  • 28本

安倍政権の7年8カ月を「こちら特報部」の記事で振り返ります。(過去記事も随時、追加していきます)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。