見出し画像

ビラ配りで逮捕、首相演説のヤジは排除「沈黙は金」になって喜ぶのは誰?

(2020年7月18日東京新聞に掲載)

 東京都内の中学校の近くでビラをまいていた男性が、公務執行妨害容疑で逮捕された。制止しようとした同中の副校長の手にスマートフォンをぶつけるなどしたという。男性がいた場所は公道で、身柄を拘束されるほど悪質な行為だったとは考えにくい。この件だけでなく、表現の自由が脅かされるような事態は各地であり、専門家は「他人の意見を認めない風潮が強まっている」と危ぶむ。(大野孝志、佐藤直子)


中学校近くの公道でビラ配り

 目黒区南部の静かな住宅街。車1台が通れる程度の一方通行の路上で、ビラを配っていた男性(20)が八日に逮捕された。中学校の正門から50メートルほど離れ、学校敷地には面していない。


 弁護人を務める土田元哉弁護士らによると、男性は都内の単位制高校に在籍している。ビラは、男性が所属する高校生らの自主組織「日本自治委員会」名で、生徒の健康を考えずにコロナ禍で水泳の授業をしようとしたとして、別の都立高の姿勢を批判。生徒の自治を呼び掛ける内容だった。


 関係者によれば、男性は8日午前8時ごろ、周辺を巡回していた同中の50代の男性副校長からビラ配りを注意された。その後、スマートフォンで撮影しようとした男性を遮った副校長の右手にスマホをぶつけ、職務を妨害したとされる。現行犯なら一般人でも可能な「常人逮捕」の形で、副校長に身柄を拘束された。

画像1

男性が副校長に私人逮捕された現場付近=東京都目黒区で

 同中の通報で警視庁碑文谷署員が駆けつけ、男性の身柄を受けた。男性は黙秘。現在は署に勾留され、自宅を家宅捜索された。松本俊彦副署長は「黙秘したため留置した」と説明する。

この続きをみるには

この続き: 2,354文字

ビラ配りで逮捕、首相演説のヤジは排除「沈黙は金」になって喜ぶのは誰?

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
10
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。