見出し画像

ポイント狙いの「Go To イート"錬金術"」に困惑の声 飲食業界の支援になってる?

(2020年10月8日東京新聞に掲載)

 コロナ禍で客が減った飲食業界を支援する政府の事業「Go To イート」で、一部の飲食チェーン店が困惑している。夕食時間帯に予約・来店するともらえる1000円分のポイント還元を目当てに、1品しか注文しない客が相次いでいるのだ。予約サイトによってポイント付与の時期が異なるなど使い勝手が悪いといった声もあり、専門家は制度設計の甘さを指摘する。 (中山岳)

1品だけ注文で差額をゲット

 「正直、困惑しています。1品のみ注文されると利益がほとんど出ないので…」。飲み物、とり釜飯、焼き鳥2本など全品を327円(税込み)で提供している大手焼き鳥チェーン「鳥貴族」(本社・大阪市)の広報担当者は、こう嘆く。

 各地の店で、サイトで予約した上で夕食時に訪れて1品注文し、飲むか食べるかして帰る客がいるという。後日、1000円分のポイントを受け取れるため、差額の673円分が「もうけ」になる。「予約が増えるのはありがたいものの、こうした利用ばかりでは他のお客の入店が制限される。売り上げも伸びない」と担当者。鳥貴族は近く、イート事業ではコースメニューでしか予約を受け付けないようにする。

 1日に始まったイート事業は、プレミアム付き食事券の販売と、サイトで予約・来店した客へのポイント付与の2本柱。ポイントは昼食で500円分、夕食で1000円分が付与される。

 ネット上では、1品だけ注文してポイントをためる手法が「鳥貴族マラソン」「トリキの錬金術」と呼ばれ、話題になっている。農林水産省Go To Eatキャンペーン準備室の担当者は「ポイントは外食にしか使えず、需要喚起につながると考えている」と述べる。

画像1

「Go To イート」で使える予約サイト

 イート事業では、いくつかの問題点が浮かび上がっている。15の予約サイトのうち「ぐるなび」「食べログ」など10の大手サイトは、夕食なら200円程度の手数料を店から徴収している。

制度設計の甘さで抜け道

 飲食店は、売り上げから材料費、家賃や人件費といった固定費を除いて残るのは1割程度のところが多いといわれる。手数料の負担が大きいとして、小規模のところを中心に事業参加を見送る飲食店も少なくなく、どこまで支援につながるのか不透明な状況だ。

この続きをみるには

この続き: 471文字

ポイント狙いの「Go To イート"錬金術"」に困惑の声 飲食業界の支援になってる?

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 励みになります!
4
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
  • 49本

新型コロナウイルスに関連する問題を「こちら特報部」が多角的に掘り下げます。