見出し画像

コロナで夏祭り中止 全国で兆単位の損失か 地域経済大ピンチ

(2020年8月19日東京新聞に掲載)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、夏祭りが全国的に中止に追い込まれている。祭りがないと、単に楽しみが失われるだけではない。地域経済への影響が大きく、廃業したり、検討したりしている宿泊施設などが少なくないとされる。ただ、祭りを取り巻く体制が脆弱(ぜいじゃく)になれば、再開時に支障が出る。そうした状況に陥らせないために、何が求められるのか。(石井紀代美、安藤恭子)

例年100万人超動員の徳島・阿波踊り 戦後初の中止

 「開催すれば、街中で人がぎゅうぎゅうになる。密集は避けられないという判断だった」。徳島市は4月、今月12~15日に予定していた阿波おどりの中止を発表した。その理由を市観光課の川口博史係長はこう語る。中止は戦後初。例年、期間中に県内外から100万人以上が訪れるビッグイベントだけに、影響は各方面に及んでいる。

前回の「阿波おどり」。今年はこうした光景は見られなかった=昨年8月、徳島市で

前回の「阿波おどり」。今年はこうした光景は見られなかった=昨年8月、徳島市で

 公益財団法人「徳島経済研究所」などは6月、同市と周辺10市町のホテルや旅館計166施設を対象に調査を実施した。それによると、49施設で延べ1万2628人が宿泊をキャンセルし、損失額は2億円超。例年は84%に上る期間中の平均客室稼働率は、今年は15%に落ち込む。また、回答を寄せた64施設のうち約3割の20施設が、廃業の可能性を「ある」か「検討している」と答えた。

同研究所の荒木光二郎専務理事は「地域にとって阿波おどりがいかに重要な存在かを実感した。コロナでダメージを受けていたところでの中止は痛い」と強調する。

宿泊業の3割が「廃業検討」も氷山の一角

 調査で明らかになった損失は氷山の一角にすぎない。宿泊施設にとどまらず、飲食店や踊り子に浴衣の着付けをする美容室などさまざまな業界が打撃を受ける。踊り手の団体「連」に所属し、毎年この時期を楽しみにしているという荒木氏は「汗だくになった浴衣をクリーニングに出し、また着るのを繰り返す。そうした部分でも地域経済に関わっていた」と解説する。

 踊り子の足元を支える足袋もその一つ。足袋メーカー「いづり工業」(同県鳴門市)の泉憲司社長は「在庫の山ですわ」と嘆息する。毎年約1万足を生産し、3~4割が阿波おどりで使われる。全国の大きな夏祭りの会場にも出向いて即売してきたが、それも今年は全部中止になった。

 「去年に比べて売り上げは7~8割減りましたわ」と泉社長。最近は足袋の生地を使ってマスクも作っているといい「今年はあきらめた。来年は祭りができることを祈ってます」。

ねぶた、竿灯…東北6県で経済損失1452億円

 有名な夏祭りが多い東北地方も状況は同様。調査研究会社「七十七リサーチ&コンサルティング」(仙台市)は、青森ねぶた祭や秋田竿燈(かんとう)まつりなど東北6県で中止になった16の主要な夏祭りについて経済的な影響を試算した。過去の実績から約1568万人の来訪者が消失し、宿泊費や交通費、土産代などの経済損失額を1452億円と割り出した。

 同社の田口庸友(やすとも)・首席エコノミストは「観光は、地元資本が域外の需要を取り込める数少ない産業。地方にとって非常に大きい額で、地域経済がぎりぎりのところまで追い込まれていると言っても過言ではない」と指摘した。

大勢の家族連れなどでにぎわう縁日=一昨年8月、滋賀県長浜市で

大勢の家族連れなどでにぎわう縁日=一昨年8月、滋賀県長浜市で

 地域の神社などで行われる小規模な夏祭りや縁日も、今年は軒並み中止になった。6~10月と年末年始で1年の売り上げをほぼ賄う露天商にとっては大打撃。東京都内の関係者は「1月以降、コロナでイベントが減り、4月からはゼロになった。工事現場などで働ければ良いが、高齢で体を壊している人もいる。この状況が長引けば首をくくる人が出てもおかしくない」と悲鳴を上げる。

神社の縁日も中止 露天商、金魚業者…影響は多方面

 約130人の露天商でつくる千葉県街商協同組合は来月末まで、露店を一切出さない方針だ。担当者は「春のお花見も夏の花火も中止になり、出したくても出せるイベントがない。露店は対面販売が基本で、感染を広げた時に責任を取れないという判断もある。生活苦から借金をする人も出始めている」と話す。


 金魚すくいを巡る状況も深刻だ。昨年は5400万匹を出荷し、「金魚のまち」として知られる奈良県大和郡山市は今月から、前年より売り上げが減った業者に補助金を出すようにした。市農業水産課の高村記世彦農業・金魚係長は「観賞用金魚の出荷は『巣ごもり』需要もあって減っていないものの、市内生産の6割以上はすくい用の品種『和金(わきん)』が占める。売値も下がり影響が大きい」と述べる。

この続きをみるには

この続き: 1,084文字 / 画像1枚

コロナで夏祭り中止 全国で兆単位の損失か 地域経済大ピンチ

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
1
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
  • 67本

新型コロナウイルスに関連する問題を「こちら特報部」が多角的に掘り下げます。