新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で国歌斉唱 「健康や命より『君が代』優先か」「まるで旧日本軍」

(2020年7月20日東京新聞に掲載)


 コロナ禍の中、全253校が「君が代」を斉唱していた都立学校卒業式。感染を防ぐため、時間を短縮し出席者を絞るなどした教職員からは、東京都教育委員会の指示に「異様」「合唱は削ったのに」と疑問の声が上がる。飛沫感染のリスクも顧みず「君が代」だけを特別扱いする背景に、専門家は戦時中の軍国主義教育の影を指摘している。(石井紀代美)

君が代強制

卒業式で「君が代」を歌うよう都教委が各都立校に指示した文書

合唱は削った、卒業生の名前呼ぶのもやめたのに、なぜ「君が代」斉唱だけ強制?


 「生徒自ら曲を選び、練習してきた合唱は取りやめになった。どうせ歌うなら『君が代』ではなく、思い入れのあるそっちを歌わせたかった」。今年3月、卒業生を見送った学級担任の男性教諭は、やりきれない思いをにじませる。


 感染リスクを下げるため、保護者も在校生もいないさみしい卒業式だった。都教委から時間短縮の指示を受け、式次第は卒業証書授与など必要最低限に圧縮したが、「君が代」は指示通りに斉唱することになった。


 「感染リスクがあるから合唱を削ったのに、他のクラス担任も『えっ、何で』と驚いていた。生徒の健康より『君が代』を優先するということ。明らかに軍国主義的だと思う」


 別の都立校の女性教諭は「1人ずつ卒業生の名前を呼ぶことすらしない学校もあったのに、『君が代』は歌う。異様だけど、都教委から言われたら管理職は逆らえない」と明かす。

現場が都教委を恐れるのには理由がある

この続きをみるには

この続き: 892文字

コロナ禍で国歌斉唱 「健康や命より『君が代』優先か」「まるで旧日本軍」

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
29
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。