見出し画像

アメリカ大統領選挙が日本も分断…対話なく憎悪煽る手法そのまま

(2020年11月5日 東京新聞に掲載)

 トランプ、バイデン両氏の大接戦となった米大統領選。日本でも、共感する人たちがネットで火花を散らし、まるで超大国の分断が持ち込まれたかのようだ。多くの議論はかみ合わず、互いに一方通行。どちらが勝っても融和は難しそうで、米国の混乱は対岸の火事ではないと、専門家は指摘する。大阪都構想の住民投票でも見られた世論の分断は、なぜ深まっているのか。 (佐藤直子、石井紀代美)

ネット民激論

 米大統領選は日本のネット世論も「トランプ派」「バイデン派」に二分した。会員制交流サイト(SNS)には「#(ハッシュタグ)」をつけて「トランプ大統領再選を断固支持します」「絶対バイデン氏に大統領になってほしい」など熱烈な投稿があふれる。一方、投稿者同士のバトルや、「トランプなんかが大統領になったら世界は滅亡」「バイデン氏当選なら中国支配の危機」などと相手陣営をたたくような過激な書き込みも目立った。

 なぜ、アメリカ大統領選が日本の国民をも沸かせるのか。世界7位のフォロワー数を持つトランプ氏のツイッターの発信力のせいか。

「安倍さんと仲良し」効果

 ネットに詳しいニュースサイト編集者の中川淳一郎氏は安倍晋三前首相との関係を指摘する。「簡単にいえば、トランプ氏が安倍さんと仲がいいから。派手なトランプ氏のパフォーマンス力は、強い日本を取り戻したいと語った安倍さんの支持者をも熱狂させた」と解説する。

 中川氏によれば、米国在住で日本人のものらしいアカウントが「トランプ支持」の発信源となっているという。「彼らのフォロワー数はこの大統領選挙の間に一気に増えており、そこに安倍さん支持者らもぶらさがっている」

大相撲夏場所で優勝した朝乃山(手前)に「米国大統領杯」を手渡すトランプ大統領と、見守る安倍首相(当時、中央奥)=2019年5月、東京都墨田区の両国国技館で

大相撲夏場所で優勝した朝乃山(手前)に「米国大統領杯」を手渡すトランプ大統領と、見守る安倍首相(当時、中央奥)=2019年5月、東京都墨田区の両国国技館で

 ネットの世界では「何を言うのかよりも、誰が言うのかが大事」なのだという。「日本のトランプ支持者も、バイデン陣営の投稿が不利になるとみればトランプ氏を擁護し、ばかな投稿を見つけたら徹底的にたたく。バイデン支持者は立憲民主党の支持者と重なるので、米国の大統領選が自民対立民の代理戦争のような構図。両陣営とも『擁護と敵の批判』はワンセット。熱狂的な支持者による過激な発言が切り取られ、それがSNSで拡散されるのを期待している」

「株価上がる」「国際協調」街の声はバイデン氏

 街の声はどうか。

 オフィスビルがひしめく東京・丸の内を訪ねると、コンサルタント会社の女性社員(22)は「バイデンさんは、ゴシップ情報がたくさんあふれているし、トランプさんは石油系の利権の話があってうさんくさい。どちらが大統領にふさわしいかと聞かれると、どっちもどっちという感じです」と漏らした。

 しかし、全体的にはバイデン氏に期待する声が多かった。ベンチで遅めのランチを食べていたマーケティング会社の男性社員(35)は「全体的に株価が上がると言われているので、自分の懐を考えると、バイデンさんに当選してもらった方がいいんですけどね」とサラダをほおばった。

 金融系コンサルタント会社の男性(24)は浮かない顔だった。全体の支持率で有利とされていたバイデン氏が勝利した場合、株価が上がると言われていたグリーンエネルギー系企業に投資しようと考えていたが、トランプ氏が猛追していたからだ。「今はまったく読めない状況になってしまった」と嘆いた。

 ホテルの営業担当の男性(28)は「富裕層ならトランプの方が何かと恩恵が受けられるかもしれないけど、僕は富裕層ではないので…」と語った。トランプ政権は温室効果ガスの排出削減を取り決めた「パリ協定」、国連教育科学文化機関(ユネスコ)、世界保健機関(WHO)と、次々に国際機関などからの離脱を決めた。「バイデンさんの方が議員歴もあって、ちゃんとしてそう。国際協調主義に戻るのではないか」

「差別助長」「優しくない」トランプ氏には辛辣

 電気部品店やパソコンショップが立ち並ぶ東京・秋葉原に買い物に来た男性会社員(26)は「人々の心の奥底に眠る差別感情をトランプさんが刺激してしまったんですよね」と眉をひそめた。日本でもネットで外国人に対する排外主義的な言説があふれることに触れ、「なぜ、人を傷つけるような言葉を発するのか、理解に苦しむ。米国のように分断され、激しく双方が対立する状況は嫌」と願った。

 杉並区の介護福祉士、辻本敏也さん(46)も「元々虐げられている人が、他人を虐げて分断が広がっていくのではないか。人に優しい政治をするのはどちらの候補者かを考えると、んー…、バイデンさんの方がいいのかな」と語った。

 白人警官による黒人男性の暴行死事件で、人種差別問題が噴出する米国の状況に無関心のままではいられない。「米国のような激しい人種差別が日本で起きてほしくない。こういう感情が伝染しないうちに、早めに歯止めをかけてほしい」

米大統領選のニュースを伝える街頭の大型モニター=東京都千代田区=4日、東京都千代田区で

米大統領選のニュースを伝える街頭の大型モニター=東京都千代田区=4日、東京都千代田区で

 日本の言論状況に詳しい専門家はどうみるか。

この続きをみるには

この続き: 992文字

アメリカ大統領選挙が日本も分断…対話なく憎悪煽る手法そのまま

東京新聞 特報Web

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートはさらに読み応えのある記事にしてお返しします!

ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
6
東京新聞で半世紀以上続く名物ページ「こちら特報部」の記事を配信します。モットーは「ニュースの追跡」「話題の発掘」。無料公開の公式サイト「東京新聞 TOKYO Web」https://www.tokyo-np.co.jp では読めない記事がここにはあります。