新型コロナウイルス

67

コロナ集団感染、同意なしで「店名公表」 制裁的手法に政府内にも疑問の声

 政府は、飲食店などで新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生し、感染経路が不明な場合は都道府県が店側の同意なしで店名を公表できるとする通知文を出した。感染防止対策が不十分だと考えられる場合、それも公表するという。店側には大打撃で見せしめ的な要素が強い上、検査を避ける動きにつな…

100

このコロナ禍で「GoTo」推し進める政府・与党と観光業界の「密」な関係

(2020年7月28日東京新聞に掲載)  観光支援事業「Go To トラベル」がスタートし、最初のかき入れ時である4連休が過ぎた。観光地で来訪者が増えるなど一定の効果はあったとみられる一方、新型コロナウイルスの新規感染者数の高止まり傾向は相変わらず。東京都発着を除くだけでなく、事業その…

100

コロナ長期化で生活困窮が深刻に…母子家庭に届かぬ行政の支援

(2020年7月26日東京新聞に掲載)  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなか、シングルマザーなどひとり親世帯の困窮が深刻になっている。もともと非正規の仕事で働きながら子育てしている人が少なくなく、休業などで収入が減るとたちまち生活苦に陥るケースが目立つ。コロナ禍で追い詰められ…

100

ついに「Go To」始動 東京除外は憲法違反では? 法律家に聞いた

(2020年7月18日東京新聞に掲載)  新型コロナウイルス感染症拡大を受け、観光支援事業「Go To トラベル」から東京発着の旅行が外されたことが、憲法14条の「法の下の平等」に反するのでは、と物議を醸している。旅行業者などとともに、都外に旅行に行きたい東京在住者も恩恵を受けられないか…

100

今は「第2波」ではないのか 危機を認めない政権、Go Toより必要な政策

(2020年7月22日東京新聞に掲載)  各地で新型コロナウイルスの感染者が次々と確認されているのに、政府関係者があまり口にしなくなった言葉がある。2回目の流行期を指す「第2波」だ。第1波が収まった時、閣僚らは「いずれ第2波が来る」と危機感をあおった。医療関係者からは今、まさにそれが来…

100

「コロナの根源つぶす」標的は夜の街、風営法で可能?

(2020年7月21日東京新聞に掲載)  菅義偉官房長官は19日のフジテレビ番組で、ホストクラブやキャバクラなどに対し「風営法で立ち入りできる。思い切ってやっていく必要がある」と述べた。そもそも風営法上、コロナ対策実施の有無を取り締まる権限はなく、警察による威圧で休業させようという狙いが…

100

コロナ禍で国歌斉唱 「健康や命より『君が代』優先か」「まるで旧日本軍」

(2020年7月20日東京新聞に掲載)  コロナ禍の中、全253校が「君が代」を斉唱していた都立学校卒業式。感染を防ぐため、時間を短縮し出席者を絞るなどした教職員からは、東京都教育委員会の指示に「異様」「合唱は削ったのに」と疑問の声が上がる。飛沫感染のリスクも顧みず「君が代」だけを特別扱い…

100

コロナ激務でもボーナス0!?看護師が大量退職希望…医療崩壊は感染増より経営難でやって…

(2020年7月17日東京新聞に掲載)  コロナ禍の中、東京女子医大が夏のボーナス(賞与)をゼロにすると通知し、退職を希望する看護師が400人に上る可能性があると、労働組合が明らかにした。医療機関の経営悪化は全国で起きているが、医師や看護師への支援は十分ではない。一方、東京都の新…

100

鳴り物入りでスタートした新型コロナ感染者接触通知アプリ「COCOA」 トラブル続き、ダ…

(2020年7月16日東京新聞に掲載)  新型コロナウイルスの感染者との接触を通知するスマートフォンアプリ「COCOA(ココア)」の運用が始まってから、もうすぐ1カ月。感染拡大防止への効果が期待されたが、どうも雲行きが怪しい。開始早々にトラブル続出。多くの人が使ってこそ力を発揮す…

100

PCR検査 首相は「1日2万件可能に」と言うけれど…実施まだ1日1万1000人

(2020年7月16日東京新聞に掲載)  安倍晋三首相は「1日2万件のPCR検査を可能にする」と言い続けてきた。しかし、14日現在の検査実施人数は約1万1000人。検査を受けたい人、受けるべき人がすべて受けてなおその数字ならばいいが、実際の診療現場では、依然として医師が必要と判断した…

100